行列

一億総ストレス社会である現代日本において、心の病というのは特別な人がかかるような特別な病気ではありません。普通の生活を送っている人が突如としてかかってしまうことのある一般的な病気です。むしろ、普通の生活を送っている人ほど自分の心に無関心なことが多く、それだけに重篤化するリスクも見逃せません。そのため、日頃からメンタルケアに特化したクリニックについて知っておくことが大切だと言われています。

双極性障害の危険性

うつ病というのは厄介な病気です。それは、タイプが分かれるため人からの支持を得ることが難しいことが原因だと言われることがあります。例えば、抑うつ状態が主な症状として現れるものとは違い、ハイテンションで元気な状態と、無気力な状態が交互に続く双極性障害というものがあります。

この双極性障害はうつ状態以外の躁状態が生活に様々な異常をきたす場合があります。例えば対人関係の悪化や金銭感覚の麻痺などです。躁状態のこうした行動が抑うつ状態をさらに悪化させる危険性があるため、治療の必要性があるのですが本人にそうした自覚が無いことや、周りから見れば「困った人」という認識だけに抑えられてしまうことがあるので、なかなか治療に踏み込まれないという現実があるのです。

併発する症状にも気をつけよう

うつ病というのはそれ以外の症状を併発している可能性が多いことを新宿ストレスクリニックでは指摘しています。例えば、統合失調症や発達障害、適応障害やパニック障害などです。また、パーソナル障害や心身症なども挙げられます。また、このような症状以外にも各種依存症が引き金となっているケースもあるため、もしも診断をするのであればこのような知識のある医院での治療が望まれます。

症状が併発している場合厄介なのが、他の症状が抑うつ状態などの症状を押さえ込んでしまっているため気付かれにくいという点です。そのため、見過ごされがちになってしまいますが、きちんとそれぞれの症状に目を向けて治療を行うことが根本的な生活の改善へとつながっていきます。

患者の立場に立った診察

心の病に関する認識が広まっているものの、できるだけあまり他人には知られたくないという方は多いでしょう。新宿ストレスクリニックはそのことに配慮して、プライバシーを重視した診察体制を心がけています。こちらのクリニックは新宿と名古屋、梅田に開院しています。その中でも新宿では、個別ブースを設置しています。たとえ自分の番まで多少待つことになっても、個別のブーツで過ごすので他の患者と顔を合わせるような心配もないです。

クリニックに通うにあたって、他人の目が気になるという人もいるでしょう。こちらのクリニックは商業ビルの中で開業しています。つまりほかにも店舗や別の診療科目のクリニックも営業しています。よってたとえ知り合いにビルに入っていく姿を見られた場合でも、心療内科に通っていることを知られる心配がないです。入りやすい環境づくりをしているので、ちょっとメンタルのコンディションを崩したときに気軽に通える医療機関になっています。

新宿ストレスクリニックを受診するメリット

精神面を崩していても、なかなか受診できないという人もいるでしょう。特に仕事などが立て込んでいると、なかなか通信する時間を確保できない人も出てくるはずです。新宿ストレスクリニックではこのような忙しくて時間の取れない方でも無理なく通えるような環境づくりを整備させています。診療時間は新宿は夜8時まで、梅田と名古屋院は7時まで開業しています。これならサラリーマンの方でも仕事終わりに立ち寄ることも可能です。しかも土日祝日も診療しています。普段は夜遅くまで仕事なので通うのは難しい方でも、休日を使って通院できるでしょう。

新宿ストレスクリニックの特徴として無視できないのは、立地条件です。3つの院いずれも最寄り駅から歩いて5分以内のところで営業しています。メンタルを崩していると、体調がすぐれず長時間歩くのは難しいという方もいるでしょう。そのような人でも無理なく通院できるような立地環境となっています。雨が降った場合でもそれほど濡れることなくクリニックにアクセスできます。

気軽に相談できる場所

メンタル面の相談をしたいけれども、プライバシーが心配、忙しくて時間がなかなか取れないという人もいるでしょう。そのような方でも無理なく通院できるような配慮を新宿ストレスクリニックでは行っています。ストレスをため込めばため込むほど、体にいろいろな不調を引き起こす恐れがあります。早めに受診できるような環境づくりを心がけているので、何か精神面に不安がある、身体面で不調を感じたようであれば、カウンセリングを受けましょう。初回であれば無料で受診でき、金銭面の心配をする必要もないです。

うつ病と一口にいってもその症状が分かれるため、その人の状態だけを判断するのは難しいです。体を動かすのが辛く、抑うつ状態が続くうつ病だけでなく、外から見れば異常なほどに活発なうつ病もいることを新宿ストレスクリニックは指摘しています。こうした双極性障害の場合、躁状態の行動がうつのトリガーになることもあるのです。

また、新宿ストレスクリニックでは、うつとそれ以外の症状に因果関係があることを指摘しています。それは、それ以外の症状を併発していることが多いからです。そのため、うつなのか、それとも他の病気なのか分かりにくく治療が難しくなってしまうことが経験の浅いクリニックでは起こってしまいます。もしも治療を行うのであれば、ノウハウがあるクリニックを選ぶようにしましょう。

新宿ストレスクリニック本院の詳しい情報・口コミはこちら