現代社会において、もはや一般的な言葉として取り上げられることも多い「うつ」。しかし、このようなカジュアルな言葉で済まされないほど深刻な状況にいる人も少なくありません。このような精神状態はなかなか他の人から理解を得るのが難しいというのも、この病の特徴です。しかし、近年開発された新しい検査方法によって、その悩みが解決するかもしれません。世の中に希望を与えるような、その検査方法とはどのような特徴を持っているのでしょうか。

目に見える検査内容

今まで、うつ病というのは精神という目に見えない分野であるため大変曖昧な基準で診療をしなければならないという実情がありました。しかし、脳の病気であることが分かり始めてきた現代において、きちんとした数字により診断をすることが可能になったのです。その検査方法を光トポグラフィー検査といいます。

新宿ストレスクリニックが採用している、この光トポグラフィー検査は近赤外線という安全なもので頭部の血流を測定します。そして、そのパターンにおいてうつ病や双極性障害、統合失調症などを診断するものです。これは厚生労働省が認可している検査であり、現在では唯一の脳の状態から数値を表す方法となっています。この結果と問診を複合的に判断して、どのような症状なのかを診断するのです。

検査の流れについて

光トポグラフィー検査を受けるにあたって、まず頭部に帽子のような機器を装着します。検査方法についてはスタッフが説明をするので、不安があったり不明な点があるという場合には直接質問をすると良いでしょう。検査自体は3分ほどで終わります。痛みや刺激などが安全な検査なのでリラックスして行なってください。検査が終われば、それに基づいて診断が行われます。検査全体を見ても15分程度と極めて短いものとなっています。

光トポグラフィー検査は当日に検査結果が渡されます。そのため再来院などの手間がかからないというメリットがあります。また、他の医療機関などに通院しているという人は検査結果のコピーを無料で用意してくれます。このような配慮は自分の精神状態を説明する必要がある人には嬉しいポイントです。

様々なメリットのある検査

光トポグラフィー検査は目に見えない精神の疾患を数値化することができる検査です。新宿ストレスクリニックではこの検査を使用しており、このことによりうつ病や双極性障害、統合失調症などの状態を判断してくれます。この検査は厚生労働省が認可しているということもあり、大変信用性が高いと言われることもあるのです。

新宿ストレスクリニックの光トポグラフィー検査はスタッフによる説明が丁寧に行われます。15分ほどで検査が行われるためスピーディーだというメリットがあります。また、診断についてもその日のうちに結果が分かるため煩わしさがありません。さらに、その結果のコピーを無料で渡してくれるというのも見逃せません。