なんとなく心が沈む経験は誰しもが体感したことのあるものでしょう。そして、これはメンタルヘルスが誰の身にも起こり得る病だという証明にもなります。心の状態というのは他人には分かりにくいため、自分の精神状態をしっかりと把握することと、信頼のできることメンタルクリニックを事前に知っておくことが大切です。ストレス社会を生き抜くために必要な最新技術を導入している新宿ストレスクリニックについて調べてみました。是非参考にしてみてください。

投薬治療の問題点とは

うつ病の治療においてポピュラーに行われるのが投薬治療です。しかし、投薬治療というのは副作用がつきものの治療法になります。もちろん、症状が好転する場合もありますが、この副作用の効果が強すぎるがあまり、投薬を自己判断で中止してしまい症状が悪化するというケースも少なくありません。このように、副作用がある投薬治療はリスクが大きいのです。

また、副作用の危険があるのを分かっていながら、患者に対して過度の投薬治療を進める医師の存在がいるということも忘れてはいけません。何故なら、その薬の処方箋を出すことによって、より売り上げが上がるからです。医師の存在とは患者を治療に専念させること。それを忘れて金儲けに走る医師がいることによって、投薬治療が危険だというイメージが強まってしまうのです。

磁気刺激治療について

新宿ストレスクリニックの特徴として、投薬治療をうつ病の治療に使用しないというものが挙げられます。こちらは磁気刺激治療と呼ばれるもので、脳に磁気をあてて、その働きを回復させます。こちらは投薬治療に代わる新たな治療法として国内外から注目をされており、新しい治療法に関心がある医師から度々議論にあがるものでもあります。

磁気刺激治療の特徴として薬を使用しないため依存性が少ないというものがありません。もちろん副作用もありませんし、うつ病が軽症化したという患者は全体の約8割です。脳機能の改善だけでなく、治療期間が短いということも注目です。さらに、治療時間が一回につき20分という短さも通院しやすくなるポイントだと言われています。

新しい治療法で患者を救う

投薬治療の危険性が語られることがあります。新宿ストレスクリニックももちろん副作用の危険性には十分注意をしているクリニックの1つです。副作用によって事態が悪化したり、薬を患者に出しすぎる医師がいることなどが原因で、投薬治療が問題視されることが現代のメンタルヘルス業界には広がってします。

磁気刺激治療というのは、投薬治療ではない新しい治療法です。薬を使わないので副作用の心配が無いだけでなく、投薬治療よりも治療期間が短いとも言われています。磁気を脳に当てることによって脳の機能を改善します。このことにより症状を軽くするのです。また、治療時間が短いことなども症状に苦しむ患者にとっては負担を少なくすることにつながります。