近視向け商品に関して

国民の過半数以上が近視と囁かれる今日、世の中のニーズに応えるべく、いわゆる度入りすなわち近視のエンドユーザー向けのカラコンも、通販を通じて数多く供給され続けています。こうした商品は既にコンタクトレンズ使用経験をお持ちの方々向けの商品であり、取り扱いに際しては十分ノウハウを熟知されているかと思われますが、ここでも重要な注意点が見逃せません。それは使用者である皆さんが日常把握されている、近視矯正用のコンタクトレンズの度数を表現する数値と製品に対し、通販で調達するカラコンのそれらが、必ずしも合致しているとは限らぬリスクです。

一般的なコンタクトレンズもあれだけ小さく薄いレンズ形状故、メーカー毎の固体差の存在が否めません。まして通販で販売されるカラコンはコストカットに大きなウエイトを乗せたメイクアップ目的のツールであり、眼科や専門施設で供給されるコンタクトレンズとは「別物」と捉えておくべき商品です。仮に購入された商品の度数がご自身の目とミスマッチな場合、勿体無いなどの理由で無理矢理継続しようしてはなりません。更に視力低下を招いてしまうなど、身体上取り返しがつかぬ誤った効能を目に届けてしまっては取り返しがつきません。小さなお金のロスよりも視力優先が鉄則です。